「麻婆豆腐」と入力するには
長音符号「ー」



まあぼうどうふ→変換できない
まあぼおどうふ→変換できない
まーぼー→変換できない
まーぼーとうふ→変換できない
まーぼーどうふ→麻婆豆腐

どうやら「麻婆豆腐」で一語らしい。



小学生の頃、長音符号の「ー」(広辞苑によると、この記号の名前は長音記号かと思ったら長音符号なのだそうだ。念のために辞書を引いてみてよかった。一つ賢くなった!)は片仮名にしか使えないと習ったことがあるような気がする。この記憶が正しければ、麻婆豆腐をカナ表記するならば「マーボードーフ」あるいは「まあぼうどうふ・まあぼおどうふ」のいずれかでなくてはならず、「まーぼーどうふ」という中間的な表記は許されないはずである。まあ、フォーマルな文章ならばともかく日常的には平仮名で母音を伸ばす場合にも普通に「ー」を使うんだけれど。

(そういえば、長音のお決まりとして、アイウエ段の長音は母音を重ねるけれどオ段の長音は原則として「お」ではなくて「う」と書く、というのもあったね。「王様」は「おおさま」ではなくて「おうさま」と書かなくてはならないって奴。例外は「遠くの・大きな・氷の上で・多くの・狼・十ずつ・通った」。この規則は長音符号と違ってかなり厳密に守られているし、守られていない文章を目にすると強い違和感を覚える。この決まりに従うならば、「マーボー」の平仮名表記は「まあぼお」ではなくて「まあぼう」になるのが原則ということになる。のだけれど、「マーボー」は外来語だから実際の発音が「まあぼう」より「まあぼお」に近いのなら平仮名の表記は「まあぼお」の方がいいのかな?)

パソコンの日本語入力システムは、まず仮名打ちなりローマ字入力なりで平仮名を入力して、それからその平仮名を漢字・片仮名・ローマ字に変換する二段階の入力システムとなっている。よって、上に述べたような長音符号の「正しい」在り方を貫くならば、平仮名入力の段階では「まあぼおどうふ・まあぼうどうふ」と入力し、変換候補として「マーボー豆腐」「麻婆豆腐」「まあぼお豆腐・まあぼう豆腐」が表示されるというのが望ましい。

ただ、長音としての母音(「まあぼう」の「あ」とか「う」)を片仮名への変換の時点で長音符号「ー」に変えるのって、結構面倒臭いんだよね。変換前の文字列に「あ・い・う・え・お」が含まれている場合、直前の文字の母音と当該「あ・い・う・え・お」が一致すれば長母音だから「あ・い・う・え・お」を「ー」に変換し、一致しなければ長母音じゃないからそのまま「ア・イ・ウ・エ・オ」と片仮名に変換する、という訳し分けが必要になってくる。これはかなり面倒くさい。入力された平仮名はそのまま平仮名片仮名漢字に変換し、長音符号は最初の段階から長音符号として入力してもらう、とした方が変換プロセス自体は単純である。

あと、麻婆豆腐もその類型に入るんだろうけれど、「片仮名表記が相応しいような外来語」に関しては片仮名表記なら長音記号になる文字を「あ・い・う・え・お」で入力させることには弊害が伴うよね。オ段の長音はウで表記っていうあのルールがあるから、文字入力の時点で、人間の方が「まあぼう」なの?「まあぼお」なの?と迷ってしまう。「救命ボート」とか、日本人の日常語的には明らかに「ぼおと」だけど英語の発音的には「ぼうと(boatだから二重母音になる)」の方が正しい、みたいな例もあるしね。

(だから、キーボードには「ー」のキーがあって一発で入力できるんだよ、と書こうと思ったんだけど、「ー」のキーは仮名打ちだと「ほ」のキーなのであって「ー」は一発では入れられないんじゃないかということに今気付いた)

まあ、キーボードでの文字入力は元々かなり融通無碍だよね。ローマ字入力も色んな方式が入り混じっていてどれを使っても大丈夫になっているし。


話は変わって、というかずれた話を元に戻すと。

長音符号の使い方といった基本的な文章作法は、平仮名片仮名を学習し、作文なるものを書き始める小学校の低学年で習う。で、あまりに常識外れな間違いを犯さない限り厳密な修正を受けることも無く、そして学校の授業できちんと習い直すことも無く、大人になってしまう。(少なくとも私はなってしまった)

こういうのって、後でちゃんと確認したくなったらどういうものに当たれば良いんだろうか。ネットで検索すればそれなりに情報は集められるんだろうけれど、教科書的なものは無いのかなぁ。小学校の教科書を再読すればいいんだろうけれど、そういうものが手元にあるとは限らないし、ど忘れしちゃったから確認したいっていう時には何に当たればいいんだろう。語法辞典とか?他言語話者のための日本語テキスト辺りにも載っていそうだけれど、語学が堪能でない私にはさすがにそれはちょっとという感じだし。それとも、『今更聞けない日本語の基礎の基礎』みたいな本に載っているような、言い換えれば「いい大人がど忘れするなんて恥ずかしい基礎も基礎」の話なんだろうか。
[PR]
by navet_merci | 2009-10-09 01:50 | 言い回しとか
<< 小説口語 シャリヴァリと呼ばれるもの >>